2021年04月30日

ピアノを教えないピアノレッスン@

2CD0FBA6-3EC9-4811-8A5D-4301D39ED7E2.png

とても耳の良い生徒さんがいらっしゃいます。

レッスン前のちょっとした時間「好きに弾いててね」と生徒さんに言い残し教室を離れると、携帯の待ち受け音、アニソン、ラップ、ゲーム音楽、耳にする音や音楽を全てピアノの鍵盤上に置き換えて弾き始めます。

戻った時
「今弾いてたのなんて曲?」と聞くと
「お兄ちゃんがやってたゲーム音楽。何て曲かは知らない。」
といった感じ。

ただピアノのレッスンとなると、譜読みが苦手なようで、なかなか導入から先へ進めない。
実際はかなりハイスピードで激しい曲も弾けているので、読譜力に拘ってこのまま導入教材でレッスンを続けるのは、あまりに能力とかけ離れていて不釣り合いというもの。

ゲーム音楽など、楽譜にすればとんでもないことになっていると思うのですが 笑

かといってこれから先もずっと「楽譜ナシ」という訳にもいきませんし。
視覚からのそれではなく、聴覚からのアウトプットは出来ているようなので、せっかくの良い耳で捉えた音と楽譜を紐付けて欲しいと、ここ一年ほどは楽譜を『読む』のではなく、耳から聞こえた音を楽譜に『書き起こす』という逆の作業に注力して取り組んでもらっていました。

果たして今現在。
ソナチネ学習者程度の生徒さんと一緒に聴音が出来る程になりました。
楽譜に『書き起こす』ことが出来ると、逆の楽譜を『読んで演奏する』動作へも繋げ易くなってきている様です。

そして次の段階。
元々色んな曲を好きに弾けていたので、さらに進化系のアレンジが出来たり、足りないものを理論で補填出来るよう、コードを少し学習してもらおうとしているところです。
クラシックでは和声や対位法となりますが、そんな堅苦しいものでなく、鍵盤上で出来る簡単なもので、その生徒さんもピアノの上で音を出しながらであれば理解もしやすいかな、と進めています。

基本ピアノはいかようにも、でほぼノータッチ。
ちょっと弾きづらそうな箇所は原因を探ってアドバイス。足りない音(基本的に間違った音はありませんでした)は一緒に元の曲を聴きながら確認。ある一定の楽器に聴力を絞って聴くなど、耳の中でバラして聴く作業は楽しそうでした。

「なによ、結局ピアノを教えるためのピアノレッスンじゃない。。。」

はい、すみません。笑

(めげずに)ここでご案内。
只今、聴音、コード等理論の学習仲間大募集です♪
Skypeで行なっております。(ZOOMも可能)
下記日程以外でも大丈夫ですので、もし“補習がわりの聴音どこかで出来ないかな”等とお探しの方、気軽にご連絡ください。

現在のスケジュール

月曜日 18:30〜19:00 聴音 レベル: ソナタ学習者程度
土曜日 9:50〜10:20 聴音 レベル: ソナチネ学習者程度
土曜日 10:30〜11:00 コード理論 (始まったばかりです)

無料体験レッスンお申込み
✨ongaku.sanpomichi@gmail.com
✨気軽にお問い合わせください
✨専用の駐車スペースございます
posted by KUMIKO at 11:55| 滋賀 ☀| おんがく散歩日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サプリメント